マイホーム

若い世代から人気で比較的安く家を建てることができるタマホームとは?

タマホームは1998年に福岡県で設立された住宅メーカーで、九州地方や西日本を基盤としていましたが、2005年に本社を東京へ移してからは準大手のハウスメーカーとして全国展開しています。タマホームの特徴は、他社と比べて低価格の注文住宅が建てられることで、コストパフォーマンスが高い点です。創業時からローコスト住宅を強みとしていましたが、最近は高級仕様の住宅も手がけています。

タマホームは標準仕様でコストパフォーマンスが高く、他社であれば有料オプション装備となる2階トイレ・24時間換気・食洗機・浴室乾燥機・キッチンタッチレス水栓・電動シャッターが全て標準仕様に含まれています。設備が充実している上に坪単価が低く抑えられており、平均で坪40万円前後で注文住宅が購入できるほどです。タマホームのおかげで夢の新築注文住宅が手に入ったというユーザーも多く、若者や庶民の味方といえる存在です。20代でマイホームが買えるというイメージを打ち出したのは有名です。

注文住宅が他社と比べて低価格であることに加えて、家のデザイン性に優れているという特徴があります。ローコスト住宅でありながらデザインや設計の自由度が非常に高く、希望すれば個性的な住宅を建てることができます。

タマホームは低価格で設計の自由度が高いことで知られていますが、工事の期間が短いという特徴もあります。効率的に工事を行うため、着工の前日に1~2名の作業員が現場で下準備を行い、着工後は一気に大量の人員が投入されて短期間で建設工事が進められます。この方法により他社と比べて工事期間が短縮でき、着工から2~3ヶ月で完成し引き渡しが可能となります。

コストパフォーマンスが高い理由のひとつは無駄な人件費をカットしていることで、営業・間取りや設計の相談・見積り・ローンの手続き、といった仕事を1人の担当者が行います。ちなみに他のハウスメーカーであれば各役割ごとに人員が配置されるため、住宅自体の建築費用とは別に多額の人件費がかかっています。

以上の理由からタマホームは若い世代に人気が高く、口コミサイトや個人ブログには実際に注文住宅を購入したユーザーの評判や感想が多く寄せられています。ネット上の掲示板やブログに書き込まれている評判を見ると、低価格なのに装備が充実している・デザインがおしゃれで外観が気に入っている・日本全国に店舗があるので地方でも購入できた、などの意見が見られます。

関連記事
noimg
断熱性も考慮して家を建てられるセンチュリーホームとは?

マイホームは購入時に多額の費用が必要になりますが、実際に生活する場合は冷暖房などの光熱費がランニングコストとしてかかります。寒冷地や夏に高温

記事を読む

ローコスト住宅
平屋のローコスト住宅を建てる場合の注意点とは?

格安の建築費用でマイホームを購入するために、平屋を選択するという方法があります。平屋を選択すると建物の建築費用を抑えることができ、場合によっ

記事を読む

家
タウンライフ家づくりの気になる口コミと特徴

注文住宅の建築を依頼するハウスメーカーを探す場合、自分でいくつかの会社からカタログを取り寄せたりモデルルームに訪問するなどして選定作業を行う

記事を読む

noimg
メーターモジュール採用のアイフルホームとは?

LIXIL住宅研究所のアイフルホームはフランチャイズ展開しているローコスト住宅ブランドのひとつで、全国に250拠点以上あります。アイフルホー

記事を読む

noimg
地熱床システム採用のユニバーサルホームとは?

1995年に設立された株式会社ユニバーサルホームは、木造住宅の建築・販売を手がけるフランチャイズ企業で、日本全国の加盟店(工務店)を通してロ

記事を読む

noimg
耐久性や防音に強い家を建てるクレバリーホームとは?

クレバリーホームは、千葉県君津市に本社を置く株式会社新昭和FCパートナーズの住宅ブランドで、フランチャイズ方式で日本全国で注文住宅を販売して

記事を読む